ときどき映画館日記

おためし中

破れ傘長庵

勝新太郎主演、森一生監督とのコンビで、『不知火検校』よりもあと。もう座頭市も演じていて、自分のカラーで上がり調子のとき、かな。脚本犬塚稔。キャストも、万里昌代ちゃん、天知茂藤村志保様と、わたし的には文句ないメンツ。昌代ちゃんと志保様美しかった。志保様と天知さんが夫婦ってのはうれしいし、悪巧み仲間に多々良純(ひっくりかえって足を火鉢であぶる)も。
ケチなお医者が中村鴈治郎さんでまあそれもぴったり。そして、そのエラそうな先生の下、黙々と安月給で下働きする弟子たち(中村豊伊達三郎)。そのみじめな身分から抜け出すためがんばったともいえるニセ医者長庵先生なのであった。
大映のモノクロ時代劇は落ち着くな。街角の様子とか、医者の家の内側とか、貧乏侍が内職してる長屋とか。
猫好きの人には、ちとつらい場面あり。